忍者ブログ
ちょっとしたメモなんかに。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人文地理学研究第34号「フィールドワーク方法論の体系化―データの取得・管理・分析・流通に関する研究―」が,webで公開されていたのに気づきました。pdfで閲覧可能です。

http://www.geoenv.tsukuba.ac.jp/~chicho/pub/WWW/hrg/shg/shg34.html

 学生と一緒に調査したりすることもあるので,特に専門外のテーマについてフィールドワークを計画するときに参考になると思いました(学生時代に,もっとほかの人の発表を聞いておけばよかった,と反省しつつ)。

 欲を言えば,各テーマ(専門)のフィールドワークにおいて,共通点や相違点などの関係性を示したような図とか表があればよりわかりやすかったかな,とも思いますが,それは自分で整理しなければ,とも思っています(上記ページの『村山祐司:フィールドワークの方法と実践―人文地理学からの発想―.pp. 247-254.』でもまとめられています)。
ArcMapで今までメッシュなどのポリゴンデータをポイントデータに変換するとき,いちいち重心のXYデータを計算(ジオメトリ計算)していました。さらに,シェープファイルの重心座標から直接ポイントデータへ変換ができないので,テーブルをdbf形式にエクスポートしてからポイントデータに変換するという手順を踏んでいました…。
 ところが,先日の実習で,ポリゴンデータから直接ポイントデータに変換できるツールがArcToolBoxにあることを指摘してもらいました。

Feature To Point (データの管理) [ArcGIS ヘルプ 10.1]
http://resources.arcgis.com/ja/help/main/10.1/index.html#/na/00170000003m000000/

 早速やってみると1回の操作でポリゴン⇒ポイントが可能に!今までの作業は一体…。
 ArcMap,地図の表示は何もしないと上が北に設定されています。分析の時などは問題ないのですが,印刷用の地図にするとき,回転させたくなる時が多々あります…(たとえば日本全図とか)。
 いままではエクスポートしてから回転させていたのですが…調べてみると,データフレームを回転できることがわかりました。

データ フレームの使用(ArcGIS Resource Center)
http://help.arcgis.com/ja/arcgisdesktop/10.0/help/index.html#//006600000004000000

 今までなんで調べなかったんだろう…やっぱりわからなかったり疑問を持ったらGoogle先生にすぐ聞かないと…。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
Nobuhiko K.
性別:
男性
最新コメント
[12/29 Nobuhiko K.]
[05/31 hizume]
[12/01 Nobuhiko K.]
ブログ内検索
PR
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]